富士通がBPOサービスを強化--第1弾は汎用業務の受託サービスの刷新

CNET Japan Staff 2006年06月16日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月16日、グループとして提供する「BPOサービス」の強化を図るため、汎用業務である「受付・入力・出力・保管・配送業務」「コンタクトセンターサービス」などのメニューを刷新したことを発表した。同日より販売活動を開始する。

 今回メニューが刷新された「受付・入力・出力・保管・配送業務」は、富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP)が中心となって提供するサービス。同社は、これまで全国11カ所のセンターで、エントリー・プリンティング・デリバリーサービスなどを600社の顧客に提供した実績がある。

 また、「コンタクトセンターサービス」は、コーポレイトソフトウェアが中心となって提供する。同社は、これまで400社以上の顧客に対し、コンタクトセンターの構築・運用サービスを提供した実績がある。

 BPO(Business Process Outsourcing)は、業務プロセスの一部やすべてを外部の専門企業に委託するアウトソーシング(外部委託)の一形態。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR