NECなど6社、Linux OSによる携帯電話向け共通プラットフォーム構築で合意

WebBCN (BCN) 2006年06月19日 09時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC、NTTドコモ、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、米モトロー ラ、韓国サムスン電子、英ボーダフォングループの6社は、Linuxを使った携帯 電話向けプラットフォームの構築で合意したと発表した。無償OSを利用し、端 末用ソフトを共通化することで開発コストの削減を目指す。

 6社では、携帯電話用OSやミドルウェアといったプラットフォームを共通で 構築。ソフトの仕様をはじめ、設計図、動作確認ソフトといった参照用ガイド ライン、ソフトが策定したプラットフォームに適合しているかを調べるツール を提供していく。

 年内にもこの活動を推進する独立した団体を設立し、共同でプラットフォー ムを開発していく計画。6社以外の携帯電話端末メーカーや携帯電話事業者、 半導体メーカー、ソフトメーカーなどにも参画を呼びかける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!