マイクロソフト、「SQL Server 2005」への移行を支援する施設を開設

ニューズフロント 2006年06月19日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月19日、日本オラクル製データベース向け製品から「Microsoft SQL Server 2005」環境への移行を支援する施設「Oracleマイグレーションラボ」を、調布技術センター内に開設した。同施設では、移行を検討している独立系ソフトベンダー(ISV)やシステムインテグレータ(SI)に対して、移行検証の支援、設備、移行ツールを提供する。

 Oracleマイグレーションラボは、マイクロソフトの登録メンバーや認定パートナー、認定ゴールドパートナーに加え、Oracle Database対応パッケージなどを提供している企業を対象とする。同施設を利用するISVやSIは、マイクロソフト専門スタッフの支援を受けつつ、Oracle DatabaseからSQL Serverへの移行ツール「SQL Server Migration Assistant for Oracle(SSMA for Oracle)日本語版」を使い、移行前評価、スキーマおよびデータベース、オブジェクトの変換、データ移行作業を2日間で確認できる。

 SSMA for Oracleは、Oracle 7.3以上のデータベースからSQL Server 2000/2005への移行作業を効率化、自動化するツール。マイクロソフトのウェブサイトから無償でダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!