ルーセントとビヨンド、自動脆弱性検査サービスの国内販売を開始

ニューズフロント 2006年06月20日 14時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Lucent TechnologiesとイスラエルのBeyond Securityは6月20日、自動脆弱性検査サービス「Automated Vulnerability Detection Service(AVDS)」の国内販売を発表した。両社はAVDSの第1号ユーザーとして、国内の政府関連機関と5年契約を結んだ。

 AVDSは、LucentとBeyond Securityが共同開発した「Automated Scanning Server」をベースに、ネットワークの脆弱性を遠隔地から自動的に検査するサービス。最新の脆弱性情報にもとづき、予防的に毎日ネットワークを検査することで、顧客のネットワークを守る。

 遠隔地から検査を実施するため、オンサイトを要する運用コストは事実上不要になるという。また、ユーザーインターフェースは日本語表示のGUIを採用しており、ネットワークのセキュリティ状態を容易に判断できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR