マカフィー、KNSLとの協業で月額サービスのASP型全自動ウイルス/スパイウエア対策を提供

CNET Japan Staff 2006年06月21日 18時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーとKDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は6月21日、KNSLのパートナー事業者であるISP/CATV事業者と契約を結ぶユーザー企業を対象に、ASP型全自動ウイルス/スパイウェア対策「McAfee Managed VirusScan plus AntiSpyware」の月額サービスの提供を7月1日より開始すると発表した。

 今回提供が開始される新サービスは、ウイルス対策やスパイウェア対策、バッファオーバーフロー対策などのセキュリティ機能を統合し、ソフトウェアの更新を全自動で実施するもの。管理サーバも管理者も不要なASP型で、全自動でウイルス/スパイウェア対策を行える。

 価格は、PC1台あたり月額750円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!