ビートラステッド・ジャパン、SSL-VPNなどリモートアクセス環境向け認証サービスを提供

CNET Japan Staff 2006年06月21日 18時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビートラステッド・ジャパンは6月21日、リモートアクセス環境でのクライアント認証用の電子証明書発行サービス「Cybertrust Shared PKI for SSL-VPN」の提供を開始すると発表した。

 同サービスは、遠隔地にあるオフィス間の接続やモバイルPCからの外部接続において、低コストでセキュリティレベルを設定できる認証サービス。ビートラステッド・ジャパンが第三者認証機関となり、本人確認から証明書発行までを総合的に提供する。USBキーへの電子証明書の格納および配付までを含めたオプションサービスも提供し、低コストでクライアント認証用の電子証明書の導入を可能にする。

 ジュニパーネットワークス、ソニックウォール、アベンテイルなどのSSL-VPNベンダーが提供する製品での動作が確認済みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!