米ルーセント、遠隔地から診断可能な脆弱性検査

WebBCN (BCN) 2006年06月22日 10時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ルーセント・テクノロジーとBeyond Securityは6月20日、自動脆弱性検査 サービス(AVDSサービス)を日本で開始した。

 AVDSサービスは、ルーセントとBeyond Securityが共同開発した「Automated Scanning Server」ソリューションをベースとしたサービス。リアルタイムの ネットワーク・スキャニング技術を利用することでネットワークの脆弱性を遠 隔地から検査できる。

 最新の脆弱性情報と照らし合わせ、毎日ネットワークを検査することで、顧 客のネットワークを防御する。遠隔操作できるためオンサイト対応が不要で、 運用コストを削減できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!