Linuxコンソーシアム、セキュアOSの選択基準となる最新版ガイドラインを公開

ニューズフロント 2006年06月22日 14時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxコンソーシアムは6月22日、セキュアOSの選択基準を示すガイドラインの最新版「セキュアOS評価項目Ver2.0」を公開した。同ガイドラインのPDF版は、ウェブサイトからダウンロードできる。

 セキュアOS評価項目は、情報システムに最適なセキュアOSを導入する際に必要となる機能や運用環境などを総合的に評価する指標として、選択基準をまとめたガイドライン。最新版では、2005年10月19日に公開した同Ver1.0に対し、セキュアOSの運用面を中心に、より実用的な項目を追加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから