住友電工情報システム、多言語対応のワークフローシステム「楽々WorkflowIIVer.3」を開発

ニューズフロント 2006年06月22日 22時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住友電工情報システムは6月22日、多言語対応のワークフローシステム「楽々WorkflowIIVer.3」を開発したと発表した。複数の海外拠点にまたがる人事の承認申請や決裁処理をすばやく行えるという。7月31日より出荷を開始する。

 楽々WorkflowIIVer.3は、ウェブベースのサーバ/クライアント型ワークフローシステム。標準で使用できる言語は、日本語、英語、中国語の3カ国語。オプションでそのほかの言語にも対応する。

 ユーザーごとに母国語として使用する言語を事前に登録しておくと、それぞれの言語でログイン画面を表示する。システムが出力するメッセージやタイトル、ボタンの表示言語も自由に切り替えられる。

 1つのワークフローシステムを複数の海外拠点で共有し、かつ各自の言語で運用することで「システム投資を抑制できる」(同社)という。

 動作環境はサーバOSがWindows、Linuxのほか各種UNIX。ウェブアプリケーションサーバは「IBM WebSphere」と「Tomcat」。データベースソフトは「IBM DB2」と「Oracle」シリーズに対応する。クライアント側のインターフェースはInternet Explorer、またはNetscape Navigator。

 1CPUあたりのライセンス価格は、Windows版とLinux版が250万円、そのほかUNIX版が350万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?