日本郵船と日本ユニシス、物流管理システム「NEXT」を構築--企業のグローバル化に対応

CNET Japan Staff 2006年06月23日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本郵船は6月22日、顧客企業のサプライチェーン最適化を支援する物流管理システム「NEXT」を開発したことを発表した。

 同社の既存物流管理システムは、受発注管理、輸送進捗管理、在庫管理など機能ごとに開発してきたが、今回のNEXTは、NYKシステム総研と日本ユニシスが統合的なシステムとして開発した。企業活動のグローバル化にともない、「国際一貫輸送」「VMI(Vendor Managed Inventory)」「三国間取引」などの国際間の物流ビジネスモデルへの対応が狙いだ。

 NEXTには、情報検索機能をはじめ、輸送在庫と手元在庫の一元管理機能、発注情報の進捗管理機能、情報通知機能などが実装されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR