SASジャパン、SAS Financial Intelligenceの最新版を出荷--活動基準原価管理機能も搭載

CNET Japan Staff 2006年06月26日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAS Institute Japan(SAS)は6月26日、最高財務責任者(CFO)をはじめとする財務・経営管理部門向けのインテリジェンス基盤である「SAS Financial Intelligence」最新版の出荷を開始したことを発表しました。

 SAS Financial Intelligenceは、予算策定や連結レポートを提供する財務管理、バランスト・スコアカードに代表される業績管理、日々の活動と収益を関連づけて管理する活動基準原価管理などの機能を提供する情報基盤。SAS 9上で稼働する。

 最新版では、データ取得・参照・入力の性能が向上し、ERPシステムデータへのアクセスがより容易になっているという。また、財務管理ソリューション「SAS Financial Management」、業績管理ソリューション「SAS Strategic Performance Management」、および活動基準原価管理ソリューション「SAS Activity-Based Management」の同社ソリューション間の連携がさらに強化された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから