NECソフト、複合認証入退室管理システムを今秋発売へ--顔認証とICカードの組み合わせが可能に

CNET Japan Staff 2006年06月26日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトは6月26日、複合認証入退室管理システム「BiodePass(バイオデパス)」シリーズの新製品を2006年秋より販売すると発表した。

 BiodePassは、人の身体的特徴を鍵とする生体認証を活用した複合認証入退室管理システム。新製品では、これまでの顔認証、指紋認証、および虹彩認証の組み合わせに加え、顔とICカードによる複合認証が可能になる。認識エンジンには、NECが独自開発した顔検出/照合エンジン「NeoFace」および指紋認証システム「FingerThroughII」と、Siebel製虹彩認証システム「IrisAccess3000」を使用する。

 また新製品では、近計システムと協業したことで、より安価なハードウェアの供給を受けることになった。ハードウェア込みで1セット100万円前後の価格が予定されている。今後1年間に100セットの販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?