ネティーザなど、モスフードサービスからDWHアプライアンスを受注--1400の店舗から売上明細データを集約

CNET Japan Staff 2006年06月27日 18時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ネティーザと電通国際情報サービス(ISID)は6月27日、モスフードサービスより「Netezza Performance Server(NPS)」を受注したことを明らかにした。

 NPSは、RDBMS、サーバ、ストレージを統合したアプライアンス。両社は、2005年10月より同製品の共同マーケティングを展開している。

 今回の採用でモスフードサービスは、全国に展開する1400以上の店舗から、売上明細データを集約し、店舗・地域や時間帯で売れ筋商品の傾向を把握し、顧客サービスの向上につなげることを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!