スターリングコマース、SOAベースのSCMスイート「Yantra」の国内販売--販売管理と倉庫管理を先行投入

CNET Japan Staff 2006年06月27日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スターリングコマースは6月27日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースのサプライチェーンアプリケーションスイート「Yantra(ヤントラ)」を、2006年7月から日本国内で販売することを発表した。

 Yantraは、複数企業間を連携させるマルチエンタープライズ・アーキテクチャ(MESA:Multi-Enterprise Service Architecture)上に構築された実行系SCMコンポジット・アプリケーション。調達・生産から販売にいたるサプライチェーン工程を、モジュール化された業務アプリケーションで包括的に支援し、複数企業間にわたるサプライチェーンの全体最適を実現するという。

 機能面では、販売管理、製品管理、倉庫管理、在庫管理、物流管理、購買管理、および返品管理などから構成されており、日本市場には販売管理ソリューション「Yantra Distributed Order Management」と倉庫管理ソリューション「YantraNetworked Warehouse Management」を先行投入する予定だ。

 Yantraはスターリングコマースおよび同社販売代理店から販売される。

 なお、Yantraがスターリングコマースに買収される以前から日本で同製品を手がけてきた販売代理店のネクストコム、およびシステムインテグレーションパートナの新日鉄ソリューションズと日本ユニシスは、引き続きスターリングコマースと協業する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!