チェンジビジョン、UML 2.0対応モデリングツール最新版「JUDE/Professional 3.0」を発表

CNET Japan Staff 2006年06月27日 19時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 チェンジビジョンは6月27日、UML 2.0に対応したモデリングツールの最新版「JUDE/Professional 3.0」の販売を開始したことを発表した。JUDEは無償版を含め、世界で9万5000以上のユーザーが使用。今年度中に日本国内において6000ライセンスの出荷を目指している。

 最新版であるJUDE/Professional 3.0では、UML 2.0対応によりモデルの表現力を高めたほか、モデルの参照API を公開することで、独自のドキュメントやソースコードを自動生成できるプログラムをユーザー自身が作成できるなど、より応用範囲の広いツールを実現している。

 また、JUDE/Enterpriseで提供されていたチーム開発のためのコラボレーション機能が統合され、ユーザー管理や履歴管理が可能になっている。さらに、マインドマップ描画機能では、ドラッグ&ドロップによる画像貼り付けやハイパーリンクの設定も可能になっている。

 OSは、Windows 2000 SP1以降、Windows XP Professional、Windows XP Homeをサポート。価格は、1 ユーザーライセンスあたり2万9400円(税込)。なお、JUDE/Professional 3.0のリリースと同時に、JUDE/Serverは無償公開となる(サポート対象外)。

Windowsに搭載された拡大鏡 JUDE/Professional 3.0では、マインドマップからユースケース図を自動生成することもできる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!