日本CA、日本版SOX法対策をテーマとした無償のウェブセミナーを開始

CNET Japan Staff 2006年06月27日 20時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本CAは6月27日、企業の経営者やIT部門担当者などを対象に、IT環境の内部統制対策強化に関するセキュリティ上の問題点や解決策などを解説する無償のウェブセミナー「IT環境における内部統制 〜セキュリティの果たす役割」を開始することを発表した。開催期間は、2006年12月末までとなる。

 今回、開始されるウェブセミナーは、日本版SOX法対応におけるIT環境のコンプライアンス上の問題において、企業が着手しなければならない課題や、今後必要とされる対策について、ウェブ上に掲載された資料を使い、ナレーションを通じて解説するもの。特に重要とされる財務などの重要なシステムや、データ保護に焦点をあて、ID、アクセス権、アクセス制御、説明責任などについて詳細な情報が提供される予定という。

 CAウェブセミナーは、同社のウェブサイトにおいて、24時間いつでも受講可能。受講時には事前登録が必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!