東芝ソリューション、「CDi-SQUARE」の個人情報保護対応強化版

WebBCN (BCN) 2006年06月28日 10時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ソリューション(梶川茂司社長)は6月27日、お客様情報統合ソリュー ション「CDi-SQUARE(シーディーアイ・スクウェア)」の個人情報保護対応強 化版(バージョン1.1)を7月1日に発売すると発表した。

 「CDi-SQUARE」は、05年から販売を開始した統合CRMソリューション体系「T-SQUARE」シリーズの1つで、社内外に散在する顧客情報を統合し、的確な対応 やカスタマーロイヤリティの向上を図るソリューション利用者認証・アクセス 制御・参照/更新ログ管理など、個人情報保護対応に必要となる基本的なセキ ュリティ機能を装備している。

 今回の強化版では、さらに対応範囲を広げ、個人情報の管理・利用に対する 「不同意」や「個人情報の開示請求」など、「お客様からの意思表示」に対応 する機能を盛り込み、企業が顧客の要求に対して的確・迅速に対応し、顧客満 足度を向上できるようにした。

 「個人情報不同意対応」では、顧客から個人情報の削除や第三者提供の不可 など、個人情報不同意の意思表示があった場合、「CDi-SQUARE」で管理されて いる当該する情報を削除、または利用できないようにする。顧客情報を統合す る前のシステムのどこに該当データがあるかの判別や、統合データ更新時の 「名寄せ」処理に、その意思情報を引き継ぐこともできる。

 「個人情報開示請求対応」では、顧客から個人情報の開示請求があった場合 に、名前や住所など顧客を特定するための情報から当該する顧客の情報を抽出 ・一覧化することで、顧客の要求にすぐに応えられるようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR