セールスフォース、オンデマンド型パートナー関係管理サービス「Partnerforce」

ニューズフロント 2006年06月28日 17時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは6月28日、オンデマンド型のパートナー関係管理(PRM)サービス「Salesforce Partner Edition(Partnerforce)」を発表した。2006年7月14日より提供を開始する。

 Partnerforceは、セールスフォースのオンデマンドアプリケーション共有サービス「AppExchange」上のウェブ対応アプリケーションサービス「The Business Web」を用い、企業とそのパートナー(代理店)との関係を確立する。これにより、企業は代理店との情報共有を、オンデマンドで行えるようになる。

 具体的には、営業情報やマーケティング情報などを代理店に提供するとともに、各代理店の営業状況を収集できる。セールスフォースでは「オンデマンドCRMサービスSalesforce導入による効果を、すべての代理店網に展開することが可能になる」としている。

 Partnerforceはパートナーライフサイクル管理(PLM)機能を備え、代理店の募集、マーケティング、販売、効果測定といったパートナーライフサイクルの全局面をカバーする。また、商談登録および商談管理機能により、代理店同士の競合を排除できる。

 Salesforceの主要アプリケーションを補完する位置付けのサービスであり、Salesforceの「Enterprise Edition」および「Unlimited Edition」の利用料金に加え、1パートナー当たり月額1万5750円(税込み、5ユーザー)で提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?