NEC、RFID管理ミドルウェア「RFID Manager」新版--UHF帯リーダ/ライタに対応

ニューズフロント 2006年06月28日 20時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは6月28日、非接触ICタグ(RFIDタグ)システム向けミドルウェアの新版「RFID Manager Ver2.0」を販売開始したと発表した。新たにUHF(極超短波)帯のRFIDリーダ/ライタや、RFID搭載型のハンドヘルドPCに対応するなど、「市場の動向に即した機能強化を行った」(同社)という。

 RFID Manager Ver2.0は、RFIDリーダで読み取ったタグの情報を任意のデータ形式に加工し、システムのアプリケーションなどと連携させるミドルウェア。新版では、米国の物流業界をはじめ各国の企業で導入の進むUHF帯リーダ/ライタに対応。海外で事業を展開する製造業や流通業のシステム構築を容易にしたという。

 またNECインフロンティアが販売する、無線LAN/RFIDリーダ機能付き携帯情報端末(PDA)「Pocket@iEX」などのハンドヘルドPCに対応。無線LAN環境での利便性を高めた。

 NECでは、6月28日より東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催されるRFID関連イベント「RFIDソリューションEXPO」に、同ミドルウェアを採用したシステムを出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?