コンセントリー、日本法人責任者を任命--エクストリームやファウンドリーを経験した遠藤廣司氏

田中好伸(編集部) 2006年06月29日 17時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社内LANセキュリティ製品を提供するConSentry Networks(米国)は6月28日、日本統括責任者・セールスディレクターに遠藤廣司氏が7月1日付けで就任することを発表した。

 遠藤氏は、ConSentry入社前にCalient Networksで副社長を務めたほか、NetScout Systemsやファウンドリーネットワークスで日本市場の責任者を務めている。また、エクストリームネットワークスでサービスプロバイダビジネスのディレクターも務めている。

 ConSentryは、社内LAN専用のセキュリティ対策製品ベンダー。同社のLANShieldシリーズには、LANShieldコントローラやLANShieldスイッチなどが含まれる。同社は6月1日付けで日本拠点を開設している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから