HDE、非改ざん証明機能を新たに備えた電子メールセキュリティソフト

WebBCN (BCN) 2006年06月30日 07時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホライズン・デジタル・エンタープライズ(HDE、小椋一宏社長)は、電子 メールフィルタリング・アーカイブソフトの新バージョン「HDE Mail Filter 3」4製品を7月25日から順次発売する。

 「HDE Mail Filter」は、電子メールによる機密情報の漏えい防止や社内外 で送受信されたメールの保存が行えるソフト。ゲートウェイ・アーカイブサー バーの複数台構成に対応し、柔軟に管理者を設定できるマルチアドミン機能を 搭載する。

 新バージョンでは、アーカイブメールの非改ざん証明機能を搭載し、メール の信頼性を向上。また、BCCフィルタリング機能により、内部から外部に対し て送信するメールに対して、上司のメールアドレスを「CC」ではなく「BCC」 に入れるといった情報漏えい防止ポリシーの設定が可能になった。さらに、フ ィルターの多階層化への対応や管理者操作ログ機能などを追加した。

 ラインアップは、 電子メールのフィルタリングとアーカイブを行う標準エ ディション「HDE Mail Filer 3 Professsional Edition」、電子メールの保存 のみを行う「HDE Mail Filter 3 Archive Edition」、アーカイブサーバーの 複数台構成と串刺し検索に対応する「HDE Mail Filter 3 Enterprise Edition」 、大規模システム向けメールアーカイブソリューション「HDE Mail Filter 3 EX-Archive Edition」の4製品を用意する。

 25ユーザー版の価格は、「Professional Edition」が31万5000円から、「Ar chive Edition」が22万500円から、「Enterprise Edition」が47万2500円から、 「EX-Archive Edition」が26万4600円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR