T-SS、PBforDocの新版で画像ファイル保護機能を強化--閲覧、印刷など利用権限を設定可能

CNET Japan Staff 2006年07月03日 11時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリニティーセキュリティーシステムズ(T-SS)は6月30日、情報漏洩と不正使用を防止する製品の画像ファイルの保護・管理機能を強化した新版「Pirates Busterfor Document(PBforDoc)Ver.2.4」を7月3日に発売すると発表した。

 PBforDocは、マイクロソフトのOffice製品(Excel、PowerPoint、Word)ファイルやPDF、CSV、TEXT形式のファイルを暗号化する製品。利用者ごとに利用権限を設定し、ファイルが手元を離れた後でもその利用を管理することができる。

 新版では、主要な静止画や動画ファイル16形式について、暗号化による保護、閲覧、印刷、保存といった利用権限を設定し、ファイルが手元を離れた後でもその利用を管理できる機能が加えられた。

 5ユーザーライセンス込みの基本パッケージの価格は、31万5000円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR