カティエント、就業管理パッケージ「STREAM MANAGER Works」を提供開始

CNET Japan Staff 2006年07月03日 11時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CACの100%子会社であるカティエントは6月30日、業務アプリケーションシリーズ「STREAM MANAGER」を提供することを発表。その第1弾として就業管理パッケージ「STREAM MANAGER Works」の提供を開始した。

 STREAM MANAGER Worksは、従業員の雇用形態・勤務形態の多様化や労働環境に対する法規制の強化など、就業管理をめぐる経営環境の変化から生まれる新たなニーズに対して、「予実管理」「労務管理」「勤怠管理」の3つの観点で就業管理を行うことができるソリューション。パッケージとデバイスをどちらも提供することで、入退館管理や安否確認などもワンストップで提供する。

 同社は、今後STREAM MANAGERシリーズの第2弾としてCRMパッケージ「STREAM MANAGER Sales」の提供を準備中という。

 アジア圏を主としたグローバル展開を行うことで、3年後にシリーズ全体で30億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから