日立、「FLORA Se210リモートアクセスパック」の機能を強化

CNET Japan Staff 2006年07月04日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月3日、「FLORA Se210リモートアクセスパック」を機能強化し、7月7日より提供を開始すると発表した。

 FLORA Se210リモートアクセスパックは、情報漏えいを防止し、外出先からオフィスの自席PCに簡単にアクセスできるようにする仕組みを備えたセキュリティPCとリモートアクセスサービスをセットで提供するもの。

 今回の機能強化で、PC本体の基本性能を向上し、外出先からオフィスの自席PCの電源を起動できる「リモートパワーオン機能」や、Outlookメールをウェブブラウザから利用できる「メッセージング機能」などのオプションが提供される。

 本体価格は16万8000円から、USB認証キーは1本当たり6300円、サービス初期費用は1ユーザーで1万500円、100ユーザーだと1人当たり4200円。サービス月額費用は初期費用の半額となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから