CTC、DBアクセスを監視するセキュリティ装置「SQL Guard」を発売

ニューズフロント 2006年07月04日 17時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は7月4日、米Guardiumのデータベースセキュリティ装置「SQL Guard」の販売を開始した。価格は500万円からとする。

 SQL Guardは、データベースに対するアクセスログを管理、分析し、セキュリティを確保するための装置。情報漏えいなどの原因究明、企業監査向け資料の収集、解析に役立つという。「米国の大手銀行や欧州の大手金融サービス機関を始め、全世界の金融業界および情報通信業界を中心に100社以上の企業への導入実績がある」(CTC)

 導入が容易なアプライアンス製品であり、システムの運用を停止せず導入できる。ネットワーク上でやりとりされるパケットを収集してデータを分析するため、データベース自体にほぼ負荷をかけることなく解析が行える。

 今後、CTCはSQL Guardの国内総代理店であるエアーと共同で営業活動やプロモーションを推進していく。今後3年間で売上高10億円を目指す。

 なお、CTCでは、強固な関係構築を目的とし、Guardiumに対して約25万ドルの戦略投資を実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから