フォトレポート:坂村健氏のUWB研究施設に潜入

藤本京子(編集部) 2006年07月04日 19時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)は7月4日、日立製作所 中央研究所と共同で、次世代無線方式のUWB(Ultra-Wideband、超広帯域通信無線)による、アクティブ型ICタグ「UWB Dice」(仮称)を開発したと発表した。UWBは現在日本国内で許可されていないため、UNLでは特別免許を取得してUWBの実験を行っている。今回特別にUWBの研究施設が公開された。
以下の写真は、同日発表したUWB Diceだ。実際にサイコロ(Dice)と同じ大きさである。
YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)は7月4日、日立製作所 中央研究所と共同で、次世代無線方式のUWB(Ultra-Wideband、超広帯域通信無線)による、アクティブ型ICタグ「UWB Dice」(仮称)を開発したと発表した。UWBは現在日本国内で許可されていないため、UNLでは特別免許を取得してUWBの実験を行っている。今回特別にUWBの研究施設が公開された。以下の写真は、同日発表したUWB Diceだ。実際にサイコロ(Dice)と同じ大きさである。

YRPユビキタス・ネットワーキング研究所(UNL)は7月4日、日立製作所 中央研究所と共同で、次世代無線方式のUWB(Ultra-Wideband、超広帯域通信無線)による、アクティブ型ICタグ「UWB Dice」(仮称)を開発したと発表した。UWBは現在日本国内で許可されていないため、UNLでは特別免許を取得してUWBの実験を行っている。今回特別にUWBの研究施設が公開された。
以下の写真は、同日発表したUWB Diceだ。実際にサイコロ(Dice)と同じ大きさである。

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR