DAL、中小企業向けB2Bソフト「ACMS Lite」の新版を発表--EDIINT AS2をサポート

CNET Japan Staff 2006年07月04日 20時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ・アプリケーション(DAL)は7月4日、低価格なB2Bソフトウェア「ACMS Lite」の新バージョン1.4を発表した。

 ACMS Liteは、従来型EDIとウェブベースEDIのどちらにも使用できる中規模・中小企業向けのB2Bソフトウェア。標準プロトコルへの対応やデータ変換機能、スケジューリング機能、ジョブ管理機能などを搭載し、ebXML MSおよびSOAP-RPCをベースとしたJEDICOS-XMLメッセージ交換手順もサポートする。最新版では、通信プロトコル「EDIINT AS2」を新たにサポートした。

 クライアント・タイプのStandard Edition(SE)とサーバ・タイプのEnterprise Edition(EE)がラインアップされた。価格はSEが9万4500円から、EEが42万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR