デル、「Lotus Notes/Domino」ソリューションビジネスに参入

CNET Japan Staff 2006年07月04日 20時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは7月4日、IBMのコラボレーションプラットフォーム「Lotus Notes/Domino」のソリューションビジネスに参入することを発表した。

 このサービスは、デルの技術コンサルティング部門「デル・プロフェッショナル・サービス事業部(DPS)」が窓口となり、コンサルティングから要件定義、設計、サイジング、構築、サポートまでをワンストップで提供する。

 デルは同社のx86サーバ「PowerEdge」シリーズとネットワークストレージ「Dell|EMC CX」シリーズを組み合わせ、アップグレードを行う「Domino to Dominoマイグレーションサービス」、データバックアップを行う「短時間バックアップサービス」、およびアーカイビングの「アーカイブソリューション」の提供を7月4日から開始した。

 価格は、Domino to Dominoマイグレーションサービスが315万円より、短時間バックアップサービスが262万5000円より、アーカイブソリューションが1953万円より。価格はハードウェアを除いたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR