サンとストレージテックが日本法人を統合--ストレージ製品ブランドも「StorageTek」に統一

CNET Japan Staff 2006年07月05日 18時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは7月3日、日本ストレージ・テクノロジーを2006年7月1日付で吸収合併し、両社の事業を統合したことを発表した。この事業統合は、米国で2005年8月に完了したSun MicrosystemsによるStorageTekの買収に伴うもの。

 今後、「StorageTek」ブランドは、Solaris、Javaなどと同じサンのサブブランドとして存続する。これに伴い2006年7月1日より、サンのストレージ製品ブランドは「StorEdge」からStorageTekへと名称変更された。

 統合後の新しいビジネスモデルについては、原則として従来の販売モデルを継続。日本ストレージテックのメインフレーム接続およびヘテロ環境接続のビジネスは、これまでどおりストレージ担当営業が継続して対応。保守サービスは、原則としてサンが既存の契約を引き継いでサービスを提供する。

 日本ストレージテックの社員はサンへ移籍し、引き続きストレージ製品の販売およびサービス活動を継続する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!