システム・テクノロジー・アイ、4社共同でOracle RAC実機研修センターを開設

CNET Japan Staff 2006年07月05日 18時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム・テクノロジー・アイ、日本オラクル、NEC、NECラーニングは7月4日、4社共同で「Oracle Real Application Clusters 10g」の実機研修センターを開設し、2006年7月より障害対策研修を実施することを発表した。

 Oracle Real Application Clusters実機研修センターは、オラクル製品の研修で実績があるシステム・テクノロジー・アイ社内に設置される。同センターでは、NEC製のIAサーバ「Express5800シリーズ」と共有ディスク「iStorageシリーズ」上に「Oracle Database 10g」を搭載し、クラスタシステムであるOracle Real Application Clusters 10gを利用した障害対策研修が実施される。

 7月より提供される研修は「Oracle Real Application Clusters 10gトラブルシューティング」および「Oracle Real Application Clusters 10g チューニングワークショップ」の2コース。両コースは、日本オラクルとシステム・テクノロジー・アイが共同で開発した。

 NECラーニングは、NECとの共同開発による「Oracle9i Real Application Clusters」や「Oracle Database 10g」データベースコア技術研修など既存のコースに加え、新たに「Oracle Real Application Clusters 10g」の研修を追加する。NECグループ企業におけるエンジニア育成を支援する。

 「Oracle Real Application Clusters 10gトラブルシューティング」の研修期間は2日間、OS環境はLinuxおよびWindowsで価格は13万8600円(税込)。一方、「Oracle Real Application Clusters 10gチューニングワークショップ」の研修期間は1日で、OS環境はLinuxおよびWindows、価格は6万9300円(税込)となる。コース日程などの詳細は、システム・テクノロジー・アイのウェブサイトで紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!