@YMC、オープンソース「Xen」搭載の仮想専用サーバサービスを提供--容量10Gバイトから月額4095円

CNET Japan Staff 2006年07月05日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティグループのアット・ワイエムシー(@YMC)は7月5日、オープンソース・ソフトウェア「Xen」搭載の仮想専用サーバ(VPS)サービス「YV」(ワイブイ)シリーズの提供を7月3日から開始したことを発表した。

 YVシリーズは、専任の技術スタッフによるサーバ運用支援体制を含めた低価格なサービス。個人事業主や中小企業が主な販売対象で、VPS初心者でも手軽にVPSを利用できることが特徴だ。今回の発表で、Xenの最新テクノロジーをVPSに融合することになる。

 初期費用は税込み1万500円。月額料金は税込み4095円から。この価格で10Gバイトの大容量プランを利用することが可能だ。.comや.net、汎用jpドメインなど、独自ドメインの取得費用も無料となっている。15日間の無料トライアルも提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから