LG-Nortel、Microsoftのテクノロジを採用したデスクトップIP電話を開発

CNET Japan Staff 2006年07月05日 19時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LG電子とNortelの合弁会社であるLG-Nortelは6月26日、Microsoftの統合コミュニケーションプラットフォームを採用した企業向けデスクトップIP電話を共同で開発しマーケティング活動を展開することを発表した。この発表により両社は、中堅/大手企業および政府機関向けに新しいコミュニケーション機能を提供する。

 今回、新たに開発されるデスクトップIP電話は「Microsoft Office Communications Server 2007」の電話機能に基づき開発されるもの。企業向けのアプリケーションやネットワーク、通信機器の間でインテリジェントなコミュニケーションを可能にする。

 Microsoft Office Communications Server 2007は、プレゼンス管理機能やIP通話管理機能、インスタント・メッセージング機能などを搭載しており、これらの機能が新しいデスクトップIP電話と連動する予定という。

 LG-Nortelの企業向けデスクトップIP電話における、2007年以降のターゲット市場は、北米、欧州、韓国を含むアジアの一部市場。MicrosoftとLG-Nortelは、新しいデスクトップIP電話をMicrosoftの顧客に販売するほか、事業者やチャネルパートナーなどの国際販売網を通じて販売する。

 LG-Nortelは、2006年5月にMicrosoftとの戦略的な協力関係を発表。両社は、Windows CEをベースにしたIP端末および新しいWindows CE 6を基盤としたテレビ電話の共同開発および共同マーケティングを含む、VoIP電話機における広範な協力関係を結んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR