マウンテンビューデータ、PowerCockpit用の「Windowsデプロイメントオプション」を発表

CNET Japan Staff 2006年07月05日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウンテンビューデータは7月5日、システムリカバリやプロビジョニングのためのソフトウェア製品「PowerCockpit」の機能追加オプションモジュール「Windowsデプロイメントオプション」の販売を開始することを発表した。価格は10万円(税別)。

 Windowsデプロイメントオプションは、既存のユーザーから要望の多かったWindowsオペレーティングシステムのプロビジョニング機能を実現するオプションモジュール。同オプションを利用することで、Windows 2000/XP/2003のプロビジョニングやシステムリカバリが可能。LinuxとWindowsの混在環境において、デプロイメントやシステムバックアップの一元的な管理、実行が可能になる。

 PowerCockpitの詳細は、マウンテンビューデータのウェブサイトで紹介されている。同サイトでは、製品と同等の機能を利用できる評価版も提供される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!