リコー、「imagio」シリーズと「Lotus Notes/Domino」の連携ソフトを開発--電子承認依頼も可能

CNET Japan Staff 2006年07月05日 20時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーは7月5日、同社のデジタル複合機「imagio」シリーズと日本IBMのグループウエア「Lotus Notes/Domino」を連携させるソフトウエア「imagio SmartDocLink for Lotus Notes/Domino」を開発したことを発表した。

 新製品は、imagioシリーズをNotes/Dominoのクライアントとして活用し、PCを使うことなくimagioの操作パネルでユーザー認証を行い、スキャンした紙文書と書誌情報をNotes/Dominoのデータベースに直接登録できる仕組みを提供する。また、データベースからの文書検索や更新が可能。imagioからダイレクトにNotes/Dominoのワークフロー機能を活用して電子承認依頼を行うこともできる。

 対応するimagioの機種別に、タイプNとタイプMPの2つの製品がラインアップされた。タイプNの価格は17万8000円(税別)で、発売日は7月21日。タイプMPの価格は6万円(税別)で、発売日は2006年8月の予定。価格は税別。どちらも年間1000本の販売を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR