ターボリナックス、TLAS2.0向けにポータルサイト構築ツールを無償提供

ニューズフロント 2006年07月05日 23時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは7月5日、アプライアンスサーバ用Linux OS「Turbolinux Appliance Server 2.0(TLAS2.0)」向けに、ポータルサイト構築用ツールを提供すると発表した。オープンソースソフトウェア(OSS)のコンテンツ管理システム(CMS)「XOOPS」と「PukiWiki」をプラグイン化して無償提供する。

 TLAS2.0は、専任の管理者がいないSOHOや教育機関などに向けたサーバ用Linux OS。今回は、コミュニティサイト構築ツールとして人気の高いXOOPSと、グループ内での情報共有/整理向けツールであるPukiWikiという、PHPベースのCMSをプラグイン化して提供する。

 これらプラグインを使うことで、専門知識を持たない管理者でも、TLAS2.0上でポータルサイトやコミュニティサイトを短期間に構築、運用できるという。

 ターボリナックスでは5月に、OSSのウェブメールツール「Open WebMail」などを5種類のツールを、TLAS2.0向けプラグインの第1弾として提供開始しており、XOOPS、PukiWikiのプラグイン提供は、これに続くものという。

 いずれのプラグインも、TLAS2.0のパッケージ管理ツール「Turboプラス」から、十数秒程度で導入できる。またTLAS2.0が備えるウェブブラウザベースの管理インタフェースから、各プラグインの管理インタフェースへ、シームレスに移動できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?