日本BEA、サービスレジストリ製品「BEA AquaLogic Service Registry」を出荷

CNET Japan Staff 2006年07月06日 21時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは7月6日、サービスレジストリの新製品「BEA AquaLogic ServiceRegistry 2.1」の出荷を7月7日より開始すると発表した。

 新製品は、UDDI 3.0仕様に完全準拠。SOA(サービス指向アーキテクチャ)のガバナンスとサービスのライフサイクル管理の基盤を提供する。既存サービスを見つけて再利用する体系的な方法、サービスの相互運用性を確保する手段、およびサービス管理とポリシー執行を実現する中核となるビジネス・サービス・レジストリとして機能する。

 7月7日より、無料評価版のダウンロード提供を開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!