CTC、FOMA/無線LANデュアル端末に対応した無線IP電話システムを発売

ニューズフロント 2006年07月06日 23時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は7月6日、ネクストジェンの第3世代(3G)携帯電話/無線LANデュアル端末対応SIPサーバ「NX-E1000」などを販売開始したと発表した。

 NX-E1000は、IP電話用プロトコルのSIPと、NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル携帯端末「N900iL」などに対応したSIPサーバだ。シスコシステムズの呼制御ソフト「Cisco Unified CallManager」との接続が可能なため、既設IP電話網にも追加導入できる。また、APIを公開しており、既存の業務アプリケーションとの連携も可能だ。

 CTCは、NX-E1000を始めとするネクストジェンの製品と、N900iL、Cisco Unified CallManagerのほか、米Aruba Wireless Networksの装置を組み合わせて無線IP電話システムを開発し、7月3日に販売を開始した。今後3年間で、売上高10億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!