日本IBM、XMLデータにネイティブ対応した“第3世代”の「DB2 9」を発表

柴田克己(編集部) 2006年07月07日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは7月7日、コードネームで「Viper」と呼ばれていた同社のDBMSの新バージョン「DB2 9」を発表した。

渡邉宗行氏画像 日本IBMソフトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部、事業部長の渡邉宗行氏。

 発表会において、日本IBMソフトウェア事業インフォメーション・マネジメント事業部、事業部長の渡邉宗行氏は、「XMLデータベースとリレーショナルデータベースが完全に融合した業界初の第3世代データベース。従来のDB2を強化しつつ、XMLにネイティブ対応することで、新しいアプリケーションエリアとユーザーを開拓していく製品になる」と説明した。

 言葉のとおり、DB2 9の最大の特徴は、XMLデータにネイティブ対応し、リレーショナルデータとXMLデータを単一のシステム上で扱えるようになった点である。XMLは多くの業界でデータ交換の標準形式として採用されつつあるが、従来のリレーショナルデータベース(RDBMS)でXMLデータを扱うに当たっては課題が多く、XMLの特徴でもあるデータ構造の柔軟性、もしくはパフォーマンスのいずれかが犠牲になるケースが多かったという。そのため、XMLをそのまま格納でき、データ項目の増減などにも柔軟に対応できるXMLデータベースが個別に利用されるケースも増えつつあるが、従来型のRDBMSとXMLデータベースの双方を管理運用することによるコスト増や開発作業の煩雑化といった問題も発生していた。

 DB2 9では、XMLを扱う際の柔軟性は高いもののスケーラビリティやパフォーマンス面で課題の残るXMLデータベースと、機能としては成熟しているもののXMLの扱いは不得手と言われるRDBMSを融合することで、双方の長所を生かしつつ運用管理の一元化、システム間の接続性の向上を実現しているという。

 同社が「pureXML」と称するXMLデータへのネイティブ対応により、運用管理コストは約50%削減、開発生産性は約30%向上させることが可能と説明している。また、SQLとXQueryのどちらを使っても、リレーショナルデータとXMLデータの双方を検索できる。いずれの場合も、大幅に改良されたオプティマイザにより高いパフォーマンスを実現しているという。「リレーショナルデータ、コンテンツデータとしてのXML、およびトランザクションデータとしてのXMLのいずれに対するニーズも満たす製品」であると自信を見せる。

 そのほか、行単位でのデータ圧縮機能の搭載により、ディスク使用量の削減、およびデータアクセススピードの向上が図られているほか、LABC(Label based Access Control)と呼ばれる行、列レベルでのアクセス権制御機能や暗号化機能の強化によるセキュリティの向上なども行われている。

 DB2 9の製品ラインには、個人開発者向けの「Personal」、小規模環境向けの「Express」、中堅規模向けの「WSE(Workgroup Server Edition)」、大規模向けの「ESE(Enterprise Server Edition)」の4種類が用意されている。ライセンス価格は、Personalが5万2600円。Expressが1万8900円/ユーザー、55万5700円/プロセッサ。WSEが3万9900円/ユーザー、114万円/プロセッサ。ESEが10万8900円/ユーザー、55万5700円/プロセッサ(いずれも税別)。ダウンロード版の提供は7月28日、パッケージ版の出荷は9月22日より開始される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!