シスコシステムズ、ネットワークソフトウェア企業の買収で合意

CNET Japan Staff 2006年07月07日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Cisco Systemsは7月7日、ニューハンプシャー州のネットワークソフト企業、Meetinghouse Data Communicationsを買収することで正式合意に達したことを発表した。

 Meetinghouseは、802.1Xに準拠し、アクセス許可を持つユーザーおよびホストデバイスだけが企業のネットワーク上にあるリソースにアクセスできるよう権限を設定できる、クライアントサイドのソフトウェアを提供している。製品名は「AEGIS SecureConnect」で、これがCiscoのセキュリティ関連製品群の中に加わることになる。

 この買収でシスコは、約4370万ドルを現金および引受オプションで支払う。2006年10月28日を期末とするシスコの2007年会計年度第1四半期中に買収が完了する見通しだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!