イーツリーズが負荷分散、キャッシュ、ウェブをまとめたアプライアンス提供--同時接続数50万が可能

CNET Japan Staff 2006年07月07日 22時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イーツリーズ・ジャパンは7月7日、負荷分散、キャッシュサーバ、ウェブサーバを1台のきょう体で実現する「freeocean」の出荷を開始したことを発表した。今後1年間で300台の販売を目指す。

 freeoceanは、エンジン部分にLSIを用い、ディテール部分にCPUを使用することで50万同時コネクションを実現したオールインワン製品。きょう体は19インチラック、1.5Uで、価格は400万〜800万円の3タイプが用意されている。

freeocean freeoceanに標準で搭載されるメモリ量は4Gバイトとなっている

 2006年秋から冬にかけて、ファイアウォール、認証、SSLアクセラレータなどの機能が追加される予定で、これらの機能はハードウェアを買い換えることなく追加できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR