アカマイとネットマークス、ウェブシステム向け災害復旧サービスを提供開始

ニューズフロント 2006年07月10日 22時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アカマイとネットマークスは7月10日、ウェブシステムを対象とする企業向け災害復旧サービス「ディザスタ・リカバリ・インテグレーション・サービス」の販売を開始した。沖縄データセンターなどを活用し、災害復旧環境の構築、運用サービスを提供していく。

 このサービスは、アカマイのウェブ配信サービス技術と、ネットマークスのウェブサイトバックアップ技術を組み合わせて実現した。ユーザーのウェブサイトを沖縄のデータセンターなどでバックアップし、常にデータを最新状態に保つ。本システムが災害などで停止した際には、自動的にバックアップシステムに切り替え、事業継続を図る。

 バックアップシステムの保守や運用は、ネットマークス傘下のネットマークスサポートアンドサービスが担当する。同社は、24時間365日体制で運用および監視を実施する。

 ネットマークスでは、同サービスの提供を中心としたインテグレーション事業において、2006年度に5億円の売り上げを見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR