SBIベリトランス、法人内個人向け電子証明書「ベリサインClass2スタンダード」

ニューズフロント 2006年07月10日 23時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBIベリトランスは7月10日、日本ベリサインの企業および組織向け個人用電子証明書「ベリサイン個人用電子証明書Class2スタンダード」の販売を開始した。証明書の有効期間は2年間で、税込み価格は1万2600円。ただし、2006年9月29日までに限り、1万1970円で提供する。

 Class2スタンダードは、組織内の個人を認証するための電子証明書サービスだ。国内で法人登記している組織に属する個人であれば、誰でも利用できる。電子メールの電子署名や暗号化、電子文書の電子署名、ネットワークに対するアクセス認証などの機能を提供する。

 帝国データバンクの発行するTDB企業コードを電子証明書に格納しているため、所属する組織を電子証明書から容易に特定できる。SBIベリトランスでは、「社内業務のセキュリティレベルを向上させ、インターネット上のさまざまな脅威からユーザーを保護することが可能となる」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから