サードウェア、Linux向けディザスタリカバリ用ミドルウエア「DRBD Plus」を発売

CNET Japan Staff 2006年07月11日 11時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サードウェアは7月10日、Linux向けのディザスタリカバリ、バックアップ用ミドルウェア「DRBD Plus」を同日より出荷すると発表した。

 DRBD Plusは、豪Linbitが開発したLinux用ディスクミラーリングソフトウェア。オープンソースソフトウェア「DRBD」の上位互換製品で、ソフトウェア災害やハードウェア障害など、深刻なシステムトラブルに対して、速やかにバックアップシステムで処理を継続するために使用する。最大3台までのコンピュータのハードディスクにデータを同時に書き込むことができ、容量は最大16テラバイトまでをサポートする。

 また、独自のチェックサムアルゴリズムを採用し、メタデータの最適化により、3台目は遠隔地に設置できる。同一構内で使う場合には、クラスタシステムのデータバックアップ用途で使用可能だ。

 RedHat、SUSE LINUX、Fedora、OpenSUSE、Z-Linuxなど、さまざまなLinuxディストリビューションをサポートする。

 価格は、初年度サポート料込みのDRBD Plus使用権が58万8000円、2年目以降サポート料が44万1000円。1ライセンスで、ミラーリングシステムを構成する最大3台までのコンピュータにインストールできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから