東急車輛、IBMとダッソー・システムズのPLMソリューションで設計プロセスを改革

CNET Japan Staff 2006年07月12日 16時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMとダッソー・システムズは7月11日、東急車輛製造(東急車輛)が両社のPLMソリューション「CATIA V5」および「ENOVIA SmarTeam」を活用し、車両開発業務プロセスの改革に取り組んでいることを発表した。

 東急車輛では、設計・アセンブリのためのコラボレーティブ環境や、車輌動作条件のシミュレーションなどのプロセスに両製品を導入。技術者の効率的かつ正確な設計を支え、車両ライフサイクルの必要条件を遵守することを狙う。

 今回の取り組みで東急車輛は、配管や配線などの設計部分を3D空間で干渉チェックすることが可能になり、デザインを行いつつリアルタイムに機構部品の設計干渉の確認を行える環境を実現したという。また、ノウハウの蓄積とデータの再利用、大規模アセンブリを効率的に管理できるようになった。

 今後はさらにPLMを活用し、3D環境をコミュニケーションツールとすることで、設計部門と製造部門のコラボレーションを強化したい考えという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?