日本オラクル、ウェブ入力フォーム開発ツール「X-WebForm Developer」を無償提供

ニューズフロント 2006年07月13日 00時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトクリエイトと日本オラクルは7月12日、J2EEアプリケーション開発ツール「Oracle JDeveloper 10g」用のプラグインとして、ソフトクリエイトのウェブ向け入力フォーム開発ツール「X-WebForm Developer」の無償提供を開始した。日本オラクルの開発者向けコミュニティーサイトOracle Technology Networkからダウンロードできる。

 X-WebForm Developerは、ウェブブラウザ上で作動する入力インターフェース画面を、ドラッグ&ドロップなどの操作で作成するための開発ツールだ。プログラミングすることなく、紙伝票のような入力画面や、従来のクライアント/サーバシステムと同等のインターフェースを実現できるという。Ajaxに標準対応しており、サーバ側と非同期で画面上の情報をリアルタイムに書き換えられる。

 X-WebForm Developerで作成した入力フォームからは、Oracle JDeveloper 10g用ソースコードを自動生成できる。そのため、両社は「最新ウェブ技術を利用した操作性の高いJ2EEシステムを、短期間で開発可能」としている。

 なお、ソフトクリエイトは、サポートサービスが付属するX-WebForm Developerを販売している。税別価格は6万3000円から。また、サーバ用ライセンス「X-WebForm Server実行ライセンス」は14万9000円からとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?