ソニックウォール、メールセキュリティのアプライアンス製品を発表

CNET Japan Staff 2006年07月14日 16時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニックウォールは7月13日、電子メールの脅威から企業システムを保護するアプライアンス製品「SonicWALL Email Security」の日本語版を発表した。8月下旬より販売する予定。

 同製品では、SMTPベースのあらゆるメールシステムに統合することで、アンチスパム、アンチフィッシング、アンチウイルス機能を提供するアプライアンス製品。ポリシーマネジメントやコンプライアンスへの対応も可能だ。ユーザー数は、数名規模から5000人以上まで幅広く利用できる。

 SonicWALL Email Securityは、販売代理店各社を通じて販売され、価格は、50ユーザー版で43万7000円(初年度保守およびスパム対策年間更新費用込み、消費税別、予価)。

 ソニックウォールが日本市場でネットワークアクセス以外のセキュリティ・アプライアンスを発表するのは今回が初めてという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!