エンカレッジ・テクノロジ、オラクルDBを監視する「ESS Remote Collector for Oracle」を発表

CNET Japan Staff 2006年07月14日 16時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンカレッジ・テクノロジは7月13日、同社の統合運用プロセス管理ソフトウェア「Encourage Super Station(ESS)」にオラクルDBをエージェントレスで監視する「ESS Remote Collector for Oracle 」を追加することを発表した。

 同製品は、ESSが提供するサーバ監視機能を拡張する製品。ESSのシステム監視機能と併用することで、監視対象サーバ(UNIX、Linux、Windowsマシン)で動作するオラクルDBに対して、エージェントソフトウェアをインストールすることなく、29項目の監視を行うことができる。

 監視項目は、アーカイブプロセス利用状態、キャッシュのヒット率(バッファ/Libなど)、トランザクション数・処理時間、インスタンスのステータス、プール領域の使用状況、SQL Parse件数、CPU処理時間、REDOログファイルのステータス、メモリソートとディスクソートの比率、REDOラッチ/LRUラッチの発生状況、REDOログバッファへの書込待機や再割当、セッションごとのメモリ使用量、フリーリスト競合回数の比率、テーブルスペースの容量や使用率、セッション件数や待機の状況、ロールバックセグメント、テーブルスペースの断片化数や容量など。

 出荷は7月中に開始される予定。価格は1ライセンス5万円(税別)。導入にはESS Managerライセンスなどが別途必要になる。

 同社では、3年間で2000ライセンスの販売を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから