関西電力グループ、勤怠・届出システムに日立システムのリシテアを採用

CNET Japan Staff 2006年07月19日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関電システムソリューションズと日立システムアンドサービス(日立システム)は7月18日、日立システムの従業員フロントソリューション「リシテア」が、関西電力グループの勤怠・各種届出システムに採用され、2006年4月より機能別に順次本稼動を開始したことを発表した。

 両社は、関西電力グループ内での勤怠・各種届出をシェアードサービス化できるシステムの導入を検討。多数の導入実績があり、グループ会社間での運用実績が豊富なことを評価し、日立システムの「リシテア」を採用した。

 今回の導入を機に両社は、既に締結されている販売パートナー契約に基づき、関西電力グループおよび一般企業への展開に向けて、さらなる連携強化を図っていく予定という。

 なお、今回のシステム導入では、関電オフィスワークがシェアードサービスを取りまとめ、関電システムソリューションズがシステム開発・維持運営を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!