NTTソフトウェア、経営情報の可視化ツールにウイングアークの「Dr.Sum EA」を採用

CNET Japan Staff 2006年07月19日 21時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイングアーク テクノロジーズは7月19日、NTTソフトウェアが経営情報システムに多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」シリーズ3製品を導入し、今春より本格的な運用を開始したことを発表した。

 NTTソフトウェアでは、社内システム群に格納された収支状況、契約情報、開発リソースなどの情報をリアルタイムに可視化、把握し、迅速な意思決定を促すことを目的に経営情報システム構築を検討していた。

 今回採用された、多次元集計分析ツールの「Dr.Sum EA」、集計データを経営コックピットに表示する「Dr.Sum EA Visualizer」、ウェブ環境で詳細な分析を行える「Dr.Sum EA Reporting Server」は、同社の経営/管理者層100名の社員により経営情報の分析などに活用されている。

 Dr.Sum EA製品群は、データ構造の定義がシンプルであり、エンジニアが短期で技術取得できること、ノンプログラミングで開発期間が大幅に短縮できること、費用対効果が望めるサーバライセンス価格であること、国産製品としての高い技術力がありサポートが充実していることなどの理由で採用された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!