IDSシェアー、ロシアの通信機器販売企業にSAP NetWeaver統合プラットフォームを導入

CNET Japan Staff 2006年07月21日 13時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独のIDS Scheer AGは7月18日、ロシア最大の通信機器販売企業であるEuroset向けにSAP NetWeaver統合プラットフォームを導入したことを発表した。コンセプト段階で、同社のビジネスプロセス管理(BPM)ツール「ARIS」とその方法論を活用した。

 Eurosetは、携帯電話やコンピュータ機器などの通信用電子機器を取り扱う企業。ロシア全域に3300カ所の販売拠点を有する。同社は、モスクワ本社および販売網のプロセスをカバーする管理システムとしてSAPを採用したが、異種混在の環境を解決するために「SAP NetWeaver Exchange Infrastructure(SAP NetWeaver XI)」ソリューションも採用した。

 さらにEurosetでは、販売網から毎日取得される情報を、ビジネス目標を達成するための計画、管理、監視の基盤に活用することを目的としていた。そこでIDS Scheerは、その基盤となるBPMに「ARIS Process Platform」を提案。5カ月の期間をかけてSAP NetWeaver XI統合プラットフォームをカットオーバーし、社内POSシステムなどの既存システムとのデータ交換を実現した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから